山武市について

山武市について-誰もがしあわせを実感できる独立都市 さんむ

山武市は、千葉県の東部に位置し、千葉市や成田国際空港まで約10~30km、都心へも約50~70kmのところにあります。日本有数の砂浜海岸である九十九里浜のほぼ中央で約8kmにわたって太平洋に面し、総面積は146.77km2です。
 
地勢は大別して九十九里海岸地帯と、その後背地としての広大な沖積平野及び標高40から50メートルの低位台地からなる丘陵地帯で構成されており、これらは海岸線にほぼ並行に帯状に展開しています。
砂浜と松林が連なり、多くの海水浴客が訪れる海外地帯、田園地帯を形成する肥沃な土壌の平地地帯、そして平坦部の畑、谷津田などの農地と山武杉により良好な自然景観を形成する丘陵地帯。
山武市は、稲作はもちろん野菜や果実の生産も盛んで、山武杉などの林産物、九十九里浜の海の幸と、自然の恵み豊かな地域であるとともに、観光リゾート地として海水浴やサーフィン、テニスなどのスポーツも楽しめ、若者にも魅力ある地域資源を有しています。
近年では山武市の立地条件の良さから、工業施設の集積が高まりつつ、また自然環境の良さからもこの地域を訪れ、移り住む人々も数多くいます。
近年では、交通アクセスの利便性も向上しており、今後更なる交流と物流と観光の拠点として発展することが期待されています。

 

LINEで送る
Pocket