地域資源活用事業

地域資源として山武杉に注目

古くから建築用材木として生産されてきた「山武杉」

地域活性化のための資源として、古くから建築用材木として生産されてきた「山武杉」には十分対応できる髙いポテンシャルがあると考え、その活用方法を検討しています。

活動報告

家具や玩具といった身近なものを山武杉で作り出す

  • 市内いちご農家での家具展示販売

    市内いちご農家での家具展示販売

  • 動物を模した玩具・木べら

    動物を模した玩具・木べら

  • 板材を天板に用いたテーブル

    板材を天板に用いたテーブル

事業に携わるメンバーには材木業・家具製造・板金塗装などの経験者がいたことから、山武杉の特徴を生かした玩具や家具、看板など身近なモノづくりならできるかも!という発想から、実際に手を動かし、山武杉に触れながら、商品を制作・展示・販売しました。

岐阜・富山視察研修

  • 飛騨高山の家具製作企業視察

    飛騨高山の家具製作企業視察

  • 富山県での意見交換会

    富山県での意見交換会

  • 家具販売の店舗視察

    家具販売の店舗視察

木材の加工や製造・販売に関して地域を挙げて取り組んでいる岐阜県飛騨地方や富山県南砺市での視察研修を行いました。
新たな家具のデザインを可能にする杉材の圧縮技術や林業・伝統工芸品製造に携わる方々の意見交換会は、大変参考になりました。

平成28年度の事業計画

平成27年度の事業活動を踏まえて、山武杉を用いた商品の開発を推進していきます。
 
現代のニーズをとらえ、ターゲットを明確にし商品化を行い、製造から販売までの流れを作り上げます。そのうえで独立した企業への成長を目指してまいります。
基本的に、制作している商品に使用している山武杉はメンバーの材木屋さんが製材の過程にでた端材を使用しております。
 
現在、制作中または実験販売している商品は以下の通りです。

山武杉のキーホルダー

様々な大きさや形を取り揃え、計10種類以上の品ぞろえがあります。

山武杉のマグネット

山武市のゆるキャラ「SUNムシくん」の焼き印を使用し、お求めやすい価格での提供を目指して制作しております。

山武杉の動物

置物として飾っていただくことができるように様々な種類の形で制作しております。

その他、今後も現代のニーズをとらえ、ターゲットを明確にし商品化を行い、製造から販売までの流れを作り上げます。

LINEで送る
Pocket